Home > Windows にまつわる e.t.c.

WSL の手抜きインストールとアップデート


Windows 10 で WSL をセットアップするのに GUI ポチポチするのが面倒なので、コマンドラインで手抜きイントールとアップデートする方法です。
限りなく自分メモですね w

 

PowerShell の管理権限プロンプトで操作

# WSL インストール(再起動要求が来る)
Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

 

ここから先は管理権限なしで ok

# bash インストール(かなり時間かかる)
lxrun /install /y

# bash 起動
bash

# アップデート(セキュリティアップデートもあるので、時々実施)
sudo apt update
sudo apt upgrade -y

 

lxrun /install で WSL をインストールすると root ログインになる(事がある?)ので、lxrun コマンドではなくストアから GUI で正規の Ubuntu インストールする時は、Web ブラウザで以下にアクセスします

https://aka.ms/wslstore

 

ちなみに、WSL を uninstall する場合はこんな感じ

# bash アンインストール
lxrun /uninstall

# WSL アンインストール(要管理権限/再起動要求あり)
Disable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

 

ユーザーパスワードのリセット

ユーザーパスワードを忘れた時には、以下の手順でパスワードリセットします。

# デフォルトユーザーを root に変更
lxrun /setdefaultuser root

# bash 起動
bash

# パスワードリセット
passwd パスワードをリセットするユーザ名

# bash 抜ける
exit

# デフォルトユーザーを戻す
lxrun /setdefaultuser パスワードをリセットしたユーザ名

 

 

参考情報

Windows Subsystem for Linux Command Reference | Microsoft Docs
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/wsl/reference

 

 

back.gif (1980 バイト)

home.gif (1907 バイト)

Copyright © MURA All rights reserved.